ホーム  >  当院について  >  取り組み  >  専門医制度と連携した症例データベース事業について

専門医制度と連携した症例データベース事業について

一般社団法人National Clinical Database(日本臨床データベース機構)による 外科手術・治療情報データベース事業への参加および情報登録の開始について


外科関連主要学会では一般社団法人National Clinical Database(日本臨床データベース機構)による外科手術・治療情報データベース事業に参加しており、当院でもこのデータベース事業に参加することとなりましたので、患者さんおよび関連各位にご報告申し上げます。当院で対象となる診療科は、外科と心臓血管外科の2つの診療科です。

この事業は日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェ クトです。登録された情報は下記のような形で活用され、また情報開示されることで、術前のリスクをより正確に評価できるようになり、その情報を用いて患者 さんに手術・治療を安全に受けていただくとともに具体的な治療方針を検討することができるようになります。

 

  • ・手術を行っている施設診療科の特徴の調査
  • ・医療水準の評価
  • ・適正な外科専門医の配置の検討
  • ・手術を受けた方の予後の調査
  • ・これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性の調査 など

患者さんの個人情報については匿名化されることで個人が特定されることを防いでいます。本事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであ り、参加されたくない場合は、データ登録を拒否していただくことができます。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被る ことは一切ございません。その他、詳しいことのお問い合わせは直接、担当診療科まで御連絡いただければと存じます。
何卒、趣旨をご理解の上、患者さんおよびご家族の皆様からのご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。