ホーム  >  当院について  >  特色  >  マグネティックナビゲーションシステム

マグネティックナビゲーションシステム


より安全で正確な不整脈治療を実現

マグネティックナビゲーションシステムの特徴

 不整脈の治療のためのカテーテルアブレーションを、より安全にかつ正確におこなうことを、目的とした装置です。マグネットの入った専用のカテーテルを患者様の横に置かれた2台のマグネット(永久磁石)を動かすことで操作しています。

不整脈 心臓の右心房にある洞結節から出た電気が心臓のなかを流れると、その電気に反応して心臓が収縮します。電気系統の異常に伴う脈の乱れを不整脈といいます。
カテーテル
アブレーション
太ももの付け根から血管を通じてカテーテルを心臓に挿入し、先端から高周波電流を用いて治療することで、不整脈を根治します。

マグネティックナビゲーションシステムのメリット

カテーテルが柔らかく安全性が高い

 通常のカテーテルに比べ、柔らかいため心臓や血管の壁を傷つけることが少ない。

患者さん及び術者双方の放射線被曝の低減

 透視時間(被曝)の短縮に繋がり、放射線被曝を低減します。

困難な症例への適応拡大

 静脈アクセスの限られる奇形や、先天性心疾患術後の複雑不整脈も治療対象になります。

スタッフ紹介

清水 宏紀(しみず ひろき)

役職 院長補佐
(兼)循環器内科 主任科部長
(兼)診療支援部長
専門分野 循環器疾患全般
不整脈診断、治療
臨床電気生理検査
(カテーテルアブレーションを含む)
ペースメーカー診療
学会専門医・認定医 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本内科学会近畿支部評議員
日本循環器学会認定循環器専門医
日本循環器学会近畿地方会評議員
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
ICD/CRT 資格医
日本医師会認定産業医
JMECC(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)インストラクター
日本救急医学会認定ICLSインストラクター
日本不整脈学会評議員
日本心電学会評議員
日本心臓病学会特別正会員(FACC)
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学医学部臨床准教授
医学博士

岡嶋 克則(おかじま かつのり)

役職 循環器内科 科部長
専門分野 循環器内科、不整脈
学会専門医・認定医 日本内科学科総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
日本不整脈心電学会評議員
ICD/CRT 資格医
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

中西 智之(なかにし ともゆき)

役職 循環器内科 医長
専門分野 循環器内科、不整脈
学会専門医・認定医 日本内科学会認定内科医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
ICD資格医
医学博士

医療関係者向けメッセージ

 不整脈治療にはいろいろな選択肢がありますが、当院では複数の不整脈専門医やスタッフが協力して最適な医療を提供できるように心掛けています。この度、カテーテルアブレーション専用機器として「マグネティックナビゲーションシステム」が導入されました。現行システムでは国内2台目です。従来のアブレーションは透視画像や3次元マッピングシステムを参考にカテーテルをマニュアル操作して行っていましたが、本機器では磁場を用いてカテーテルを遠隔操作することができます。
 利点としては、
 ①カテーテルが柔らかく安全性が高い
 ②患者さん及び医療従事者双方の放射線被曝の低減
 ③著明な心拡大、静脈奇形等で通常のマニュアル操作ではアブレーションが困難な症例への適応拡大
などが挙げられます。症例に応じて通常のマニュアル操作も可能ですので、アブレーション適応のある患者さんはすべて対応可能と考えています。発作性心房細動、持続性心房細動(持続期間3年程度未満かつ左房径50mm未満程度)、心房粗動、発作性上室性頻拍、心房頻拍、有症候性で心機能低下の原因になるような多発性心室性期外収縮、心室頻拍など、お困りの患者さんがおられましたらお気軽にご紹介頂ければ幸いです。

循環器内科 科部長 岡嶋 克則

問い合わせ

手術・診療に関するご質問・ご予約につきましては、以下にご連絡下さい

  加古川中央市民病院
  患者支援センター 地域連携室
   TEL:079-451-8652
   FAX:079-451-8654