ホーム  >  後期研修医募集  >  後期研修科目  >  総合内科

総合内科

研修の目的・特色

院内・院外上級医によるミニレクチャーは週に1回、カンファレンスは週に2回は実施しており、 研修医として知っておくべき基本的な知識や診療技術を習得する良い機会として提供している。 年間を通して実施しているシミュレーション教育にも参加し実地臨床に役立てもらっている。 患者さんの診断・治療に関する指導医との議論の中で、内科医として身に着けておくべき知識、技術を確実に習得し、患者さんの心身の痛みを理解できる、理解しようと努力する医師を目指して取り組んでくれることを期待している。

1.豊富な症例経験が得られる

内科の各分野と連携し、多種多様な疾患を経験することができる。

2.救急医療が習得できる

内科の救急症例を数多く経験し、 救急医療に対する知識・技能を向上することができる。

3.カンファレンスの充実により、幅広い知識が得られる

総合内科カンファレンスを通して、内科領域の幅広い知識を身に着けると共に、 診断方法 、治療方法に対する理解を深め、適切に診断・治療できるようになる。

4.学会発表など、学術的な活動を積極的に行う

内科学会をはじめとした各学会に積極的に演題を出し、 症例のまとめ方、考察方法、発表技術などを習得する。

5.専門医などの資格取得を目指す

総合内科専門医などの各学会の専門医取得に必要な症例、経験を確保し、積極的に資格取得を目指す。


カンファレンス等

総合内科カンファレンス…週1回
神戸大学との合同カンファレンス…2回(神戸大学総合診療科、神戸大学神経内科)
新患カンファレンス…週1回
剖検…11回(2014年度)
JMECC(内科救急・ICLS講習会)…2015年度 2回、2016年度 1回


稼働実績・診療実績

業績

学会・研究会・講演会

指導医からのメッセージ

後日公開

学会認定

日本内科学会認定医制度教育病院
日本病院総合診療医学会認定施設

スタッフ紹介

金澤 健司(かなざわ けんじ)

役職 総合内科 主任科部長
(兼)教育支援センター 副センター長
専門分野 総合内科
循環器疾患
学会専門医・認定医 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医
日本病院総合診療医学会認定医
日本循環器学会認定循環器専門医
JMECC(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)ディレクター
日本救急医学会認定ICLS ディレクター
日本内科学会近畿支部評議員
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

高橋 佳子(たかはし よしこ)

役職 総合内科 医師
専門分野 総合内科
プライマリ・ケア
学会専門医・認定医 日本内科学会認定総合内科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
日本静脈経腸栄養学会
 認定NST医師教育セミナー修了
日本外科代謝栄養学会
 認定NST医師教育セミナー修了

問い合わせ

後日公開