ホーム  >  後期研修医募集  >  後期研修科目  >  内科

内科

プログラムの特徴

・各科専門医が揃っており、最先端の診療や稀少疾患を経験できる。
—・講習会や勉強会が多く、自習にも優れた設備が整っている。
—・神戸大学医学部附属病院の関連病院であり、研修終了後の進路選択も豊富。
 (ex.当院医員、大学院進学、入局等)

 

基本情報

—•研修期間=3年間 
•基幹施設研修期間=1年間以上
•連携施設・特別連携施設研修期間=都会1施設、地域1施設の計2施設
                           基本各6ヶ月(2年次)
•採用定員=1学年12名(予定)
•連携施設=市立加西病院、高砂市民病院、公立宍粟総合病院、赤穂市民病院
        三菱神戸病院、神鋼記念病院、神戸大学医学部附属病院
•特別連携施設=神戸低侵襲がん医療センター

 

施設群

基幹施設
 ①加古川中央市民病院
連携施設
 ②市立加西病院 
 ③高砂市民病院 
 ④公立宍粟総合病院 
 ⑤赤穂市民病院 
 ⑥三菱神戸病院 
 ⑦神鋼記念病院 
 ⑧神戸大学医学部附属病院
特別連携施設
 ⑨神戸低侵襲がん医療センター
病院名 敷地内外問わず
保育施設等が利用可能である。
単身宿舎間取設備自己負担 世帯宿舎間取設備自己負担
加古川中央市民病院  ○(院内・24時間保育) 借上げ住宅制度あり(病院近隣のマンション等を借上げ)
月額家賃補助(上限42,500円)  仲介手数料、敷金等費用補助
市立加西病院 ○(院内) 借上住宅 借上住宅
高砂市民病院 ○(院内・24時間保育) 1DK 家賃免除
(光熱水費自己負担)
3DK 家賃免除
(光熱水費自己負担)
公立宍粟総合病院 ○(院内・24時間保育) 月3000~10000円 月3000~10000円
赤穂市民病院 ○(敷地内・通常・夜間・一時保育) 借上住宅・賃貸料負担 月4000円~30000円・
その他費用は自己負担
三菱神戸病院 ×(制度開始までに整備予定) 寮家賃:約10千円
その他水光熱費は自己負担
社宅家賃:約40千円
その他水光熱費は自己負担
神鋼記念病院 ○(近隣に契約保育所) 未定 未定
神戸大学医学部附属病院 ○(院内)    
神戸低侵襲がん医療センター × 借上住宅・賃貸料負担 月~50000円・その他費用は自己負担 なし
※上記については、平成29年2月時点での情報であり、今後変更になる場合があります。 


モデルローテーション 総合コース

<1年次>                     
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
循環器、内分泌 救急、総合内科Ⅰ 呼吸器、アレルギー、 消化器、神経
代謝、腎臓 ・Ⅱ・Ⅲ 感染症、膠原病及び類縁疾患 血液
加古川中央市民病院
総合内科に所属し、研修する。
                       
<2年次>                     
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
連携施設(1施設選択)
<Aグループ>
市立加西病院/高砂市民病院/公立宍粟総合病院/赤穂市民病院

連携施設/特別連携施設(1施設選択)
<Bグループ>
三菱神戸病院/神鋼記念病院病院/
神戸低侵襲がん医療センター/神戸大学医学部附属病院
(1診療科3ヶ月)
    ※2年次までに病歴要約29編をすべて要記載。(45疾患群120症例以上を登録済であること)  
<3年次>                     
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科研修/選択重点診療科(総合内科/1診療科選択)
加古川中央市民病院/神戸大学医学部附属病院


モデルローテーション 各科重点コース

<1年次:例1>                     
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
循環器内科 循環器内科 循環器内科 総合内科
3ヶ月を1単位とし、重点診療科を1~4選択する。重点診療科の症例以外の一般内科も含めて研修する。
加古川中央市民病院 
                       
<1年次:例2>                     
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
総合内科 神経内科 腫瘍・血液内科 腎臓内科
3ヶ月を1単位とし、重点診療科を1~4選択する。重点診療科の症例以外の一般内科も含めて研修する。
加古川中央市民病院 
                       
<1年次:例3>                     
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
リウマチ・膠原病内科 糖尿病・代謝内科 消化器内科 消化器内科
3ヶ月を1単位とし、重点診療科を1~4選択する。重点診療科の症例以外の一般内科も含めて研修する。
加古川中央市民病院 
                       
<2年次>                     
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科等に所属し研修する。 内科等に所属し研修する。
連携施設(1施設選択) 連携施設/特別連携施設(1施設選択)
<Aグループ>
市立加西病院/高砂市民病院/公立宍粟総合病院/赤穂市民病院
<Bグループ>
三菱神戸病院/神鋼記念病院病院/
神戸低侵襲がん医療センター/神戸大学医学部附属病院
(1診療科3ヶ月)
   
    ※2年次までに病歴要約29編をすべて要記載。(45疾患群120症例以上を登録済であること)  
<3年次>                     
4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
選択重点診療科に所属し研修する。
加古川中央市民病院/神戸大学医学部附属病院
 

加古川中央市民病院 内科系 専門医・指導医等

総合内科専門医 20名 日本プライマリケア学会指導医 1名、日本病院総合診療医学会認定医 3名、老年病専門医 2名、JMECCディレクター 1名、JMECCインストラクター 1名、ICLSディレクター 2名
消化器病専門医 13名 消化器病指導医 2名、消化器内視鏡学会指導医 3名、消化器内視鏡学会専門医 8名、胃腸科専門医 2名、超音波指導医 1名、
循環器専門医 12名 不整脈専門医 4名、日本脈管学会専門医 1名、日本心血管インターベンション治療学会専門医 1名、日本高血圧学会指導医 2名、日本高血圧学会専門医 3名
呼吸器専門医 4名 呼吸器指導医 2名、気管支鏡専門医 2名
血液専門医 2名 血液指導医 1名、がん薬物療法専門医 2名、がん治療認定医 1名、造血細胞移植認定医1名
腎臓専門医 2名 日本透析医学会専門医 1名 ※内科医師のみ
神経内科専門医 1名 神経内科指導医 1名
肝臓専門医 2名  
糖尿病専門医 1名 日本肥満症専門医 1名 
リウマチ専門医 3名 リウマチ指導医 1名 ※内科医師のみ
アレルギー専門医 1名 アレルギー指導医 1名 
感染症専門医 1名  

2017年9月1日現在

カンファレンス等

総合内科カンファレンス…週1回
神戸大学との合同カンファレンス…2回(神戸大学総合診療科、神戸大学神経内科)
新患カンファレンス…週1回
剖検…2014年度 11回、2015年度 10回、2016年度 12回
JMECC(内科救急・ICLS講習会)…2015年度 2回、2016年度 1回、2017年度 1回予定


指導医からのメッセージ

【内科専門医制度 研修プログラム管理委員会 委員】 呼吸器内科 主任科部長(兼)院内感染対策室長 西馬 照明

加古川中央市民病院は2016年度に統合の、神戸以西では最大規模の新病院で、充実した診療科を揃えて地域の急性期医療を担う中心的存在として求められています。各内科領域の専門医が多く在籍しているため内科専門医取得への質の高い研修ができ、また各科間の垣根が低く連携して診療に当たっているのが特徴です。希望されるサブスペシャルティの研修だけでなく、地域医療を担う一医師として患者さんや周辺医療施設・院内スタッフにも信頼されるよう目指してください。

内科系 学会認定施設等

日本内科学会認定医制度教育病院 
日本アレルギー学会教育施設
日本老年医学会専門医制度認定施設
日本病院総合診療医学会認定施設
日本プライマリ・ケア学会プライマリ・ケア学会認定医研修施設
日本消化器病学会専門医制度認定施設
日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本高血圧学会専門医認定施設
日本動脈硬化学会専門医制度教育施設
日本不整脈学会・日本心電学会認定不整脈専門医研修施設
日本循環器学会IT/Database参加認定施設
ICD認定施設
日本静脈学会下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施施設
日本心血管インターベンション治療学会認定研修施設
日本脈管学会関連施設
日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会関連認定施設
日本糖尿病学会専門医制度認定教育施設
日本臨床腫瘍学会認定研修施設
日本血液学会血液研修施設
日本成人白血病治療共同研究グループ(JALSG)参加施設認定
日本リウマチ学会認定研修施設
日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会教育関連施設
日本アフェレシス学会認定施設
日本神経学会准教育施設

問い合わせ

研修についての質問や相談は下記迄お気軽にご連絡ください。

内科専門医制度 研修委員会 委員長