ホーム  >  後期研修医募集  >  後期研修科目  >  小児科

小児科

参加プログラム

神戸大学小児科研修プログラム

当科にて研修されたい方は、神戸大学のプログラムにご応募いただきます。まずは当院へ見学にお越しください。

研修の目的・特色

こどもの総合診療
地域小児医療センターとして24時間体制で小児の二次医療を提供している。小児外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、眼科、形成外科など院内関連診療科と連携しながらこどもの包括的医療を行っている。感染性疾患や川崎病、けいれん性疾患など小児に特徴的な急性疾患のみならず、循環器疾患、アレルギー・免疫疾患、神経筋疾患、腎疾患、内分泌・代謝疾患、血液疾患、発達障害など慢性的な管理を必要とする小児疾患に関しても多様で豊富な症例を経験することができる。
小児救急医療
小児の疾患ではしばしば症状が急速に変化し,また重篤な疾患が非特異的な症状から始まることがあり、救急医療の場ではその重症度を適切に判断し対応することが求められる。当院は地域の小児二次救急医療の中核的役割を担っており、数多くの救急疾患の症例を経験できる。上級医のバックアップ体制も十分に整っており、その指導のもとに救急診療を研修することができる。
新生児医療
新生児部門はNICU15床、GCU30床を有し、地域周産期母子医療センターとして多数のハイリスク・重症新生児の周生期管理を行っている。新生児搬送用救急車によって院外での分娩立ち合いや新生児搬送を行い、広範囲な圏域より新生児の受け入れを行っている。院内外科系診療科との連携により先天性疾患の集中治療も積極的に行っている。
高次医療と臨床研究
定期的な症例カンファレンスや、研究会、英文抄読会などを通じて最新の医療知識を習得するとともに、自ら臨床的探究心を養い臨床研究を行う能力の開発を目指している。積極的に国内外の学会や研究会に参加して研究発表を行い、論文を作成することを奨励している。

新生児搬送救急自動車 カンガルー号

ドクターヘリ


週間スケジュール

 
  全体カンファレンス・ミーティング     ミーティング
午前 病棟回診 病棟回診 病棟回診 総回診 病棟回診 病棟回診
新生児カンファレンス 一般外来 一般外来 一般外来 一般外来 一般外来
  新生児神経カンファレンス 心エコー 心エコー  
      神経カンファレンス 若手勉強会
午後 専門外来 専門外来 専門外来 専門外来 専門外来
乳児フォローアップ・内分泌 乳児フォローアップ・神経 代謝・神経 アレルギー・腎臓 循環器・アレルギー・神経
神経発達 アレルギー・循環器 乳児健診・フォローアップ 乳児フォローアップ・予防接種 在宅医療・フォローアップ
小児病棟カンファレンス・抄読会 循環器カンファレンス 母子カンファレンス・抄読会 小児病棟カンファレンス  

稼働実績・診療実績

加古川西市民病院

加古川東市民病院

業績

学会・研究会・講演会

加古川西市民病院

加古川東市民病院

投稿論文

加古川西市民病院

加古川東市民病院

広報誌

つつじ(市民・患者さん向け広報誌)

平成28年04月発行号
「周産母子センター」「こどもセンター」の特集を掲載しています。
平成28年05月発行号
「心臓血管センター」の特集を掲載しています。

指導医からのメッセージ

院長補佐(兼)こどもセンター長(兼)小児科 主任科部長 米谷 昌彦

当院の小児科は、兵庫県東播磨地域の小児の医療を守る基幹病院として長年にわたって大きな役割を果たし てきました。 地域小児科センターおよび地域周産期母子医療センターの機能を担っており、 小児の高度な専門医療や救急医療、周産期医療にも積極的に取り組んでいます。 日本小児科学会の専門医研修指定施設であることはもとより、 日本周産期・新生児医学会や 日本小児神経学会の専門医研修施設にも認定されており、次代を担う小児医療従事者の育成も大切な使命であると考えています。 後期研修にあたってはきめ細やかな指導体制で熱意を持ってサポートいたします。 小児外科や産婦人科などの関連診療科との連携も良好です。 豊富な症例を経験することによって、よくあるcommon diseasesから稀有な疾患まで、 プライマリーケアから高度専門医療まで幅広く小児医療を学ぶことができます。 また教育支援体制も充実しており、小児救急や周産期医療等に関する研修や国内外の学会・研究会への参加なども積極的に奨励しています。 未来ある子どもたちのために、共に学び、共に働く、意欲ある方のご参加を心よりお待ちしています。

周産母子副センター長(兼)小児科 科部長(兼)医療安全担当課長 森沢 猛

新生児科部門には7-8人が勤務しており、NICU15床、 GCU27床で運営しております。 入院は年間800例、新生児搬送が250例と全国的にみても有数の規模を誇ります。 疾患の内容も超低出生体重児、重症仮死、心疾患、染色体異常、小児外科疾患と多彩で、重症度の高い症例が多く入院します。 後期研修医の先生は指導医とペアを組み、診療にあたります。研修が進めば、帝王切開への立会、新生児搬送を一人でやっていただくことになります。 また予防接種、乳児健診へも積極的に経験していただきます。当直として後期研修医の先生も月数回の当直が入っています。 その場合、常に指導医がバックにつき24時間いつでも相談できる体制となっています。 このような研修を通して臨床医として、新生児疾患に適切に対応できる診療能力を身につけ、確固とした小児科医師としての人間形成を図り、 また、日本のみならず世界に通用する様に臨床研究や学会発表の充分な経験を積むことを目標にしております。 加古川西市民病院での勤務は忙しく大変な日々ではありますが、きっと当院で勤務した経験は小児科医としての基盤となり、どこにいっても通用する立派な臨床医になると確信しています。ぜひ当院での後期研修に参加してください。

こどもセンター副センター長(兼)小児科 主任医長 西山 敦史

当院の小児科は東播地区の小児医療の基幹病院として様々な疾患に対応しています。 一般小児部門では肺炎や胃腸炎、喘息、熱性けいれん、川崎病、腸重積といった小児科のcommon diseasesはもちろんのこと、 髄膜炎、脳炎脳症、急性腎炎、ネフローゼ、糖尿病、ITPといった専門医取得までに一度は経験しておくべき症例も豊富です。 研修医には各々担当の指導医がつきますが、専門性の高い症例は神経、アレルギー、内分泌・代謝、腎臓など専門外来の担当医が指導します。 また当直に関しても後期研修医が当直の時にはいずれかの指導医が必ずオンコールで対応する体制をとっており、安心して研修を行える環境が整っています。 学会活動に関しても研修期間中に何回も発表を行いますが、週2回行っている院内のケースカンファレンスの症例を地域の研究会などを経て発表するため、スムーズに準備することができます。 またこれまでの多くの 研修医の先生方が学会発表だけでなく、発表を論文にまとめており、当院での小児科研修を行えば自信を持って外来診療を行える臨床力だけでなく、 学会発表や論文作成などの学術的技量も自然と身に付きます。ぜひ一緒に小児科診療を学んでいきましょう。

学会認定

日本小児科学会専門医制度研修施設
日本小児神経学会専門医制度研修施設

スタッフ紹介

米谷 昌彦(よねたに まさひこ)

役職 院長補佐
(兼)こどもセンター長
(兼)小児科 主任科部長
専門分野 一般小児疾患
新生児疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本小児科学会代議員
日本周産期・新生児医学会暫定指導医
日本周産期・新生児医学会
 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
日本新生児成育医学会評議員
兵庫県小児科医会理事
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学医学部臨床教授
医学博士

森沢 猛(もりさわ たけし)

役職 周産母子センター 副センター長
(兼)小児科 科部長
(兼)医療安全担当課長
専門分野 新生児疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会専門医
日本周産期・新生児医学会
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

白井 丈晶(しらい たけあき)

役職 小児科 科部長
専門分野 小児循環器疾患
成人先天性心疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医

西山 敦史(にしやま あつし)

役職 こどもセンター 副センター長
(兼)小児科 科部長
専門分野 一般小児疾患
代謝疾患
内分泌疾患
在宅医療
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

親里 嘉展(おやざと よしのぶ)

役職 小児科 科部長
専門分野 一般小児疾患
小児神経疾患
てんかん
学会専門医・認定医 日本小児科学会専門医
日本小児神経学会小児神経専門医
日本てんかん学会専門医・評議員
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

佐々木 香織(ささき かおり)

役職 小児科 医長
専門分野 一般小児疾患
小児神経疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本小児神経学会小児神経専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医

佐藤 有美(さとう ゆみ)

役職 小児科 医長
専門分野 小児循環器疾患
胎児心臓病
新生児疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

森川 悟(もりかわ さとる)

役職 小児科 医長
専門分野 新生児疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

阪田 美穂(さかた みほ)

役職 小児科 医長
専門分野 一般小児疾患
小児循環器疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本小児循環器学会小児循環器専門医
医学博士

沖田 空(おきた そら)

役職 小児科 医長
専門分野 一般小児疾患
小児神経疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

石森 真吾(いしもり しんご)

役職 小児科 医長
専門分野 一般小児疾患
小児腎臓疾患
急性血液浄化
慢性維持透析
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
小児腎臓病学会代議員
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

橋本 総子(はしもと ふさこ)

役職 小児科 医長
専門分野 一般小児疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
医学博士

大西 徳子(おおにし のりこ)


役職 小児科 医長
専門分野 新生児疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医

平田 量子(ひらた りょうこ)

役職 小児科 医長
専門分野 一般小児疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

中尻 智史(なかじり ともし)

役職 小児科 医長
専門分野 一般小児疾患
小児神経疾患
学会専門医・認定医  

小寺 孝幸(こでら たかゆき)

役職 小児科 医長
専門分野 小児科新生児
小児科呼吸器
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

金川 温子(かながわ あつこ)

役職 小児科 医長
専門分野 一般小児疾患
小児神経疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

西田 浩輔(にしだ こうすけ)

役職 小児科 医長
専門分野 新生児疾患
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

永瀬 静香(ながせ しずか)

役職 小児科 専攻医 
専門分野 小児疾患全般
学会専門医・認定医 新生児蘇生法「専門(A)コース」
PALSプロバイダーコース

中谷 尚子(なかたに なおこ)

役職 小児科 専攻医
専門分野 小児疾患全般
学会専門医・認定医  

城戸 拓海(きど たくみ)

役職 小児科 専攻医
専門分野  
学会専門医・認定医  

吉田 阿寿美(よしだ あすみ)

役職 小児科 専攻医
専門分野 小児科
学会専門医・認定医  

本郷 裕斗(ほんごう ひろと)

役職 小児科 専攻医
専門分野  
学会専門医・認定医  

問い合わせ

研修についての質問や相談は下記迄お気軽にご連絡ください。