ホーム  >  後期研修医募集  >  後期研修科目  >  腎臓内科

腎臓内科

研修の目的・特色

  • カンファレンスを通じて治療方針を確認する。経皮的腎生検、透析、アクセス手術、他科との併診を含めて症例検討を行い、専門的な知識・技能に触れつつ、内科全般に必要な知識の習得を目標に臨床経験を積むことができる。
  • 腎疾患全般を対象に積極的に受け入れを行い、かかりつけ医や地域病院との連携をとりながら、多彩な症例を経験することができる。急性腎障害、電解質異常、腎炎(蛋白尿、血尿)、慢性腎臓病(CKD)、腎代替療法と幅広く対応し、高血圧をはじめとしてCKDの進展予防のために重要な生活習慣病の管理も学ぶことができる。
  • 多職種と連携して腎代替療法のオプション提示を適切に行うことができるようになる。専門科の医師、看護師、栄養士、臨床工学技士とともに、CKDの進展予防への取り組みを行いつつ、腎移植と透析療法(血液透析、腹膜透析)に関して適切な時期に情報を提供し、チームとして腎代替療法の準備を行う。
  • 学術的な活動に積極的に取り組み、学会発表、臨床研究や論文作成の指導を通じて、日々の診療にも重要な症例を深く考察する能力を磨くことができる。

週間スケジュール

 
 ICUカンファ ICUカンファ ICUカンファ 内科抄読会
ICUカンファ
ICUカンファ
午前    腎生検  腎生検    
午後  アクセス手術 腹膜透析外来      
夕方
Aチームカンファ
腎外来カンファ 
透析カンファ 内科カンファ 腎入院カンファ  

・シャントトラブルに対しては、緊急性を評価して、シャント再建術やVAVITは適宜対応している。
・入院透析・アフェレシスに関しては、毎日当番を決めて対応している。

稼働実績・診療実績

後期研修医実績件数

担当症例(2016年4月~2017年3月の受け持ち症例)(件)

血液透析導入 7
教育入院 29
ネフローゼ症候群 3
急速進行性糸球体腎炎 2
慢性糸球体腎炎 6
急性腎障害 6

検査(件)

腎生検 7
シャント手術 7
シャントPTA 2

業績

学会・研究会・講演会

投稿論文

学会認定

日本腎臓学会 研修施設
日本透析医学会 教育関連施設
日本アフェレシス学会 認定施設

スタッフ紹介

白井 敦(しらい あつし)

役職 腎臓内科 主任医長
専門分野 腎臓内科全般
透析療法
学会専門医・認定医 日本内科学会認定内科医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会専門医

菊田 淳子(きくた じゅんこ)

役職 腎臓内科 医師
専門分野 腎臓内科
学会専門医・認定医 日本内科学会認定内科医

山谷 哲史(やまたに さとし)

役職 腎臓内科 専攻医
専門分野  
学会専門医・認定医 日本内科学会認定内科医

小坂 恭子(こさか きょうこ)

役職 腎臓内科 専攻医
専門分野  
学会専門医・認定医 理学博士

問い合わせ

研修についての質問や相談は下記迄お気軽にご連絡ください。

後日公開