ホーム  >  診療科・部門一覧  >  がん集学的治療センター

がん集学的治療センター


患者に寄り添った質の高いがん治療を目指します

 がん集学的治療センターは、増加の一途である悪性疾患症例に対してcureとcareの両面から支えていく体制をとります。治療に関してはがん治療の3本の柱である外科治療(部門長 上野 公彦)、放射線治療(部門長 土師 守)、薬物療法(部門長 岡村 篤夫)の各部門にそれぞれ責任者を配置しました。
 癌に対する集学的治療の目的は、手術療法、化学療法および放射線療法を組み合わせて治療成績を向上させることにあります。現在、消化器癌はもとより肺癌、泌尿器癌、婦人科癌などに対して集学的治療が行われ、
良好な治療成績を上げています。
 当センターでは、それぞれのがん腫に対して、外科医、放射線治療医、腫瘍内科医が連携して、当センターとして一貫した治療方針を決める体制をとることにしております。
 さらにがん患者さんの不安や苦痛を和らげるために緩和ケア部門(部門長 竹中 かおり)を設けて、治療の早い段階から積極的にかかわってサポートする体制を整えました。
 当センターでは、地域にお住まいのがん患者の方々がそれまでの生活を維持しながら安心して治療を継続することができるように、診断から治療・緩和ケアまで一貫した質の高い癌医療を提供し、地域のがん診療に貢献して行きたいと考えております。



特色およびメッセージ

現在、日本では癌患者数が急速に増加しています。国民の2人に1人が癌に罹患し、3人に1人が癌で死亡しています。癌治療においては、手術・放射線治療・化学療法の三本柱を中心に多岐にわたる治療法があり、近年ではさらに高度化そして複雑化してきています。当院では平成21年1月から放射線治療装置が稼働を開始し、癌治療における三本柱が整いました。そして、これらの治療を実施すると同時に、以前より癌診断の中核である病理部門、画像診断部門を擁し、各臓器のがん専門医による高度な癌医療、質の高い集学的医療、チーム医療を実施すべく努力してきました。
平成24年1月に当院に「がん集学的治療センター」が設立されました。急激に増加するがん患者が、生活している地域でそれまでの生活を維持しながら治療を継続することができるように、診断から治療・緩和ケアまで一貫した治療ができるセンターを目指しています。
今後も、当センターが中心となってさらに機能を充実し、レベルアップすることにより地域における癌診療に貢献していきたいと考えています。


手術部門 ~固形がん・外科手術について~

癌に対する集学的治療の目的は、手術単独では治療成績に限界があるため、化学療法や放射線療法を組み合わせて治療成績を向上させることにあります。現在、私の担当する消化器癌はもとより、肺癌、泌尿器癌、婦人科癌などに対して集学的治療が行われ良好な治療成績を上げています。
当センターでは、それぞれのがん腫に対して、外科医、放射線治療医、腫瘍内科医が連携して、当センターとして一貫した治療方針を決める体制をとることにしております。



放射線治療部門

放射線治療は、全身のあらゆる悪性腫瘍が治療の対象で、根治的な治療から緩和治療まで多岐にわたります。患者さん毎に、各診療科の主治医の先生やメディカルスタッフと連携を取りながら治療に当たっています。また当院の放射線治療部門には、全国でもまだ数の少ない、がん放射線療法看護認定看護師や医学物理士が在籍しているのも一つの特徴です。認定看護師による専門的な看護ケアの提供や、医学物理士による安全かつ高品質な放射線治療の提供が可能となっています。新病院では最新型の放射線治療装置を用いて、患者様やご家族が満足できる安心かつ安全な治療にスタッフ一同努めてまいります。



化学療法部門 ~血液がんについて~

「あなたにとって大切なものは何ですか?」治療目標は、患者さんそれぞれで異なります。化学療法は、その目標を叶える手段の一つです。主治医(専門医)により最善の抗がん薬が選択された後、全ての医療スタッフが一丸となって、治療の継続と安心を支えます。設備の整った新しい通院治療室での治療は、質の高い外来化学療法を行いながら、満足のいく社会生活を送ることも可能であり、近年主流となっている治療スタイルです。また腫瘍・血液内科では、根治を目指す重い血液がんの患者さんに対して、血縁者間の同種造血幹細胞移植も行っています。ぜひ、当院での治療を体験してみて下さい。



緩和ケア部門

「緩和ケア」と聞くと「もしかして末期なの?」と思われるかもしれませんが、それは誤解です。がんと診断された時から緩和ケアは始まります。身体面だけでなく精神的な苦痛や様々なつらさを軽減して、前向きに治療に取り組むことができるように、「緩和ケアチーム」が患者さん、ご家族の立場にたってサポートさせていただきます。また、緩和ケア外来では医師と看護師が協働して診療を行います。受診希望の方はまず主治医にご相談下さい。

がんと診断されたその時から患者さんは様々なつらさを経験し、その中で治療を受け療養生活を送っておられます。がん看護専門看護師は、患者さんとご家族が大切にされていることや価値観を理解しつらさや問題を一緒に考えていくことで、少しでもその人らしく笑顔で過ごす時間が持てるように支援しています。


緩和ケアについて


がん相談支援室のご案内

 当院では、がんでお悩みの患者さんやご家族の方が安心してご相談いただける窓口として「がん相談支援室」を設置しております。

 がん相談支援室では、がんに関する不安や悩み、誰にも打ち明けられない気持ち、病気に対する疑問など、さまざまなご相談をお受けしています。どこに相談したらよいかわからないとき、療養上の支援が必要なときなど、お気軽にご相談ください。看護師や社会福祉士などの専門スタッフが患者さんと一緒に不安や悩みについて考えます。

 なお、相談内容は患者さんの許可なく医療者に伝えることはありません。秘密厳守でご相談に応じますので安心してご利用ください。

ご相談内容

例えば、こんな時にご相談ください

ご相談方法

対象 がんの患者さん・ご家族など
当院の患者さんやご家族はもちろん、当院かかりつけでない方もご利用いただけます。
受付時間 平日:9時~17時
相談時間 電話でのご相談は、約10分程度かかります。
対面でのご相談は、約30分程度かかります。
相談料 無料でご利用いただけます

○ 当日実際に空いているかどうかはお電話頂けると確実です。

直接お越しいただく場合

 1階正面玄関左手カウンターにある、中央受付の2番窓口までお越しください。
 がん相談支援室の利用状況によっては、日を改めて予約が必要な場合があります。ご了承ください。

電話でご連絡いただく場合

 お問い合わせ先:079-451-5500(代表) 担当者にお繋ぎします

場所

12月26日(火)に、第6回がんサロンを開催します。

同じ体験をしている仲間同士語り合いませんか?
がんサロンはがん患者さんやそのご家族が
話をしたり聴いたりして安らぐための場です


 当院では2017年7月より、がん患者さんやそのご家族を対象に【がんサロン】を開催しています。 がんサロンとは、同じ体験をしている仲間同士で不安や悩みについて話し合ったり、副作用への対応や食事の工夫など経験を共有し合ったりすることで、安らぐための場所です。 当院のがんサロンは、がんに関する勉強会と患者・家族の交流会の2部構成となっており、毎月第4火曜日の14時から15時30分に開催しています。愚痴でもよいので 、ほっと一息つきに来てみませんか?参加をご希望の方は、下記の連絡先までお問い合わせください。当日の飛び入り参加も歓迎しています。

1.日  時 平成29年12月26日(火)
       第1部 14:00~14:30 がんについての勉強会
           テーマ:生活の中での運動  
           講 師:作業療法士 
       第2部 14:30~15:30 患者・家族での交流会
           ※勉強会のみ・交流会のみの参加も可能です
2.対  象 がんの診断を受けたことがある方、そのご家族
  (がんの進行度や種類、治療状況、年齢、かかりつけ病院などは問いません。どなたでもご参加ください)
3.場  所 1階患者支援センター前 休憩スペース
4.申込方法 ① 「がん相談支援室」にお電話ください
         079-451-5500 (代表)
       ② 病棟・外来にある申込み用紙を持参かFAXください
       ③ 当日飛び入り参加も可能  




がんについての各種情報(リンク集)

各種がんに関する解説、診断・治療法、がんに関する用語についてのリンク集です。

 ● がん情報サービス

 ● 兵庫県がん診療連携拠点病院

 ● ひょうごがん患者連絡会(患者会情報)

 ● 兵庫県がんサロン

 ● がん制度ドック
    がんと診断された方の公的・民間医療保険制度を検索できるサイトです

 ● 意思決定の進め方