ホーム  >  診療科・部門一覧  >  臨床工学室

臨床工学室


臨床工学室の特色

院内では、各科の高度で良質な診療・治療を支えるためにさまざまな医療機器が設置されており、それらを臨床工学室で一元管理しています。
各種医療機器(人工呼吸器・除細動器・輸液シリンジポンプ等)の保守点検を定期的に実施することで医療機器関連事故を防ぎ、整備された安全な医療機器による安心な医療が提供されるよう努めています。
ベビーセンターでは、早産児や低出生体重児、呼吸障害などのハイリスク新生児に使用する閉鎖式保育器や人工呼吸器といった新生児専用の医療機器の操作及び保守点検を実施しています。特に、NO(一酸化窒素)療法や脳低温療法といった特殊治療には24時間体制で対応しています。

血液浄化においても24時間体制で対応しており、持続的緩徐式血液濾過透析(CHDF)や血液透析(HD)だけでなく、血漿交換などのあらゆる代謝疾患における血液浄化療法を施行しています。
また、内視鏡検査および治療(EMR・ERCP・ESD等)の介助や内視鏡関連機器の保守管理も行っています。

各部門において、専門知識を有する他の医療従事者とともにチーム医療の一員として良質な医療の提供と安全性向上を目指しています。

臨床工学技士は、院内における生命維持管理装置(人工心肺装置、人工呼吸器、人工透析、ペースメーカー等)の操作及び保守点検業務を行う職種です。

当院は循環器を主体とした急性期病院のため、心臓カテーテル検査(CAG)や治療(PCI)、緊急の人工透析や、ペースメーカー、植込み型除細動器(ICD)等のチェックを日常業務として行っています。
最近、循環器と睡眠呼吸障害の関連が注目されており、当院でも平成24年度より、睡眠時無呼吸症候群の検査(PSG)および治療(CPAP)を行っています。現在、臨床工学技士は12名在籍し、当院規模の病院としては非常に多くのスタッフが勤務しています。
その人数をいかし、近隣ではほとんど行われていない、臨床工学技士による24時間の当直体制をとっており、いつでも迅速に検査・治療などに対応することで、医療機器を通じて地域の急性期医療に貢献するべく努めています。

臨床工学室は生命維持管理装置を必要とする患者さんに医療機器を通じて医療を提供する部門です。
地域の基幹病院として、患者さまはもちろん、地域利用機関の先生方にも安心してお任せいただけるよう、日々医療機器の知識・技術向上に努めてまいります。


地域医療機関の先生方へ


実績