ホーム  >  診療科・部門一覧  >  院内感染対策室

院内感染対策室


特色

多剤耐性菌やその他の病原体による医療関連感染の発生を予防するために、これまで以上に医療関連感染対策の重要性が高まっています。

これらの医療関連感染を防ぐために、加古川中央市民病院感染対策室を中心にICT( Infection Control Team)と連携してチームで活動をしています。
ICTには、ICD(Infection Control Doctor)、CNIC(感染管理認定看護師)、感染制御認定薬剤師、感染制御認定臨床微生物検査技師や臨床検査技師、医事課職などで構成され、その他、看護スタッフやメディカルスタッフなどと連携を図りながら、多職種で感染対策の取り組みを実践しています。

また、院内だけにとどまらず、地域の医療機関とも相互のネットワークを構築し、院内感染対策の支援をする役割があります。加古川健康福祉事務所を通じて、または直接、感染対策に関するご相談をお受けしております。


主な活動

病棟ラウンド
感染対策上問題となる医療環境の改善、抗菌薬の適正使用について
感染対策に関するコンサルテーション、および指導
標準予防策、経路別予防策、洗浄・消毒・滅菌、抗菌薬の適正使用など
サーベイランス
手術部位感染、中心静脈ライン関連感染、抗菌薬使用、院内分離菌、アンチバイオグラムなど
職業感染対策
各種ワクチン接種、針刺し・切創/皮膚・粘膜曝露対策、結核曝露対策
その他
院内感染対策に関する院内の各部門との連絡、調整
感染症発症の確認、感染源や感染経路の把握、および対策
院内感染対策に関する教育、研修
院内感染対策の検討、周知および評価
地域医療機関との連携