ホーム  >  診療科・部門一覧  >  医療安全推進室

医療安全推進室


医療安全推進室の特色

当院は命の誕生から生涯にわたって地域住民の健康を支え、頼られる病院を目指しております。

そのために病院職員全員が一丸となって、それぞれの立場から医療事故発生防止に向け、事故防止対策を進めると共に安全意識の高揚を図り、エラーを未然に防ぐことのできるシステムを病院組織全体で構築することが重要と考え、安全管理への取り組みをすすめています。


組織体制

  • 医療安全管理委員会医療事故等の発生にかかる適切な対応と医療事故発生防止を図り、
    医療の安全性を確保するため、医療安全管理委員会を設置し、月1回開催するほか、重大な問題が生じた場合は適時開催しています。
  • 医療安全推進室日常の病院業務に関して、医療事故等に対する予防及び医療の安全性の向上を図る事を目的として、
    医療安全管理委員会の決定事項等に基づき、組織横断的に医療安全対策を推進するため、専従の医療安全担当を配置すると共に、
    各職種の医療安全担当で構成する医療安全推進室を設置し、医療事故やヒヤリハット事例の情報収集、分析および結果を周知し、
    医療事故の発生を未然に防ぐ取り組みをするため、週1回カンファレンスを開催しています。
  • リスクマネージャー部会医療安全推進室の室員および各部署のリスクマネージャーで構成し、
    ヒヤリハットレポート事例の検討及び対策案等の情報共有を図り、現場へのフィードバックを図っています。

事故発生時の対応

発生した事故の対応にあたっては、病院側の過失の有無にかかわらず、医療従事者としての倫理に基づき患者さん及びご家族に誠実な説明と対応を行っています。

患者さんからの相談対応

病状や治療方針などに関する患者さんからの相談に対して、医療安全推進室副室長及び医事課相談担当者と連携を図り、主治医、担当看護師等と連絡調整のうえ、誠実に患者対応しています。

職員研修

研修は、医療安全管理の基本的な考え方、及び事故防止の具体的な手技等について、全職員対象に開催し、職員個々の安全意識の向上を図ると共に、当院全体の医療安全向上を目的とし、年に2回程度開催しています。