ホーム  >  診療科・部門一覧  >  放射線室

放射線室


特色

 加古川中央市民病院の開院に伴い、放射線室では東市民病院・西市民病院それぞれの医療機器の移設と今回新たに、3.0T MRI装置、放射線治療装置であるリニアック、ハイブリッド血管撮影装置磁場カテーテルナビゲーションシステム(ステレオタキシス)等の導入がされ、600床の病院として充実した施設になりました。各診療科の様々な要請に対応できる体制にもなり、これまで以上に地域の皆様や患者様に還元できるよう努力しております。

 また日頃より、検査、治療技術の向上、被曝低減、高い専門性を持った人材育成にも力を入れ、良質の医療を提供するよう、スタッフ一同取り組んでいます。



地域医療機関の先生方へ

 放射線室では、検査・核医学・放射線治療の3部門からなり、高度なデジタル処理に対応した各種診断装置を複数備え、重要な診断情報を提供するとともに、待ち時間短縮に取り組んでいます。特にCT、MRI検査に関しては、予約枠を拡大し、緊急検査にも対応しやすくしております。可能な限り早急に、希望日に合わせた予約取得を心掛けておりますので、是非ご利用して頂けるよう今後とも宜しくお願いいたします。


主な撮影装置

○ 放射線治療装置(リニアック)

○ 3.0テスラ MRI


○ 128列マルチスライスDCT

○ PET-CT装置


○ X線TV装置

○ バイプレーン血管造影装置


○ CR対応乳房撮影装置

○ 骨密度測定装置