ホーム  >  診療科・部門一覧  >  救急科

救急科


診療科の特徴

救急科は救急医療を中心に集中治療、災害医療を担当しています。

【救急医療】
全科の協力のもと平日昼間帯と日曜の救急当番日、土曜の救急・輪番当番日に主に救急車で搬入される救急傷病者の初療に当たっています。救急診療で最も重要なのは時間です。軽症・重症、内因(病気)・外因(外傷・中毒・熱中症など)を問わず、迅速な病歴の聴取と身体所見の把握、そして並行して処置(点滴、採血、止血)、諸検査(血液・心電図・超音波・CT・X線など)を行い、搬入から30~40分以内に疾病・病態を診断して治療方針を決定しています。必要な時には専門医とともに診療しています。
【集中治療】
Speedy / Simple / Smartをモットーに重症患者の治療に当たるとともに、救急科以外の患者に対するアップデートな治療法や人工呼吸管理を助言し、気管切開、CVカテーテル留置、血液浄化などをサポートしています。
【災害医療】
地震(東南海地震:震度6強、最高3m津波)、異常気象(洪水、竜巻、大型台風・・・)、列車事故などがいつ起こるか判りません。どのような災害にも医療対応できるよう平時から迅速な診療、複数傷病者の並列診療、迅速な病棟入院と専門病院転送などを実践しています。また、地域の総合防災訓練、マラソン救護班などに積極的に参加しています。

診療可能疾患

軽症・重症、内因・外因のありとあらゆる救急疾患

成人救急疾病全般
ショック
外傷
急性薬物中毒
熱中症・低体温症
マムシ咬傷 など

診療実績(2016年1月~12月)

救急科初療傷病者の搬入路

搬入方法 1月〜6月 7月〜12月 1年間
救急車 479 1,005 1,484
ドクターカー 1 15 16
ドクターヘリ 0 2 2
直接 59 153 212
総数 539 1,175 1,714

救急車搬入傷病者の意識レベル(JCS)

(院外心肺機能停止は除く内因性疾患、中毒、環境疾患:913例)

JCS 例数 頻度(%)
清明 669 73.3
I-1 93 10.2
I-2 31 3.4
I-3 42 4.6
II-10 28 3.1
II-20 6 0.7
II-30 14 1.5
III-100 9 1.0
III-200 12 1.3
III-300 9 1.0

2016年度内因性疾患の主訴 上位20位

( 院外心肺機能停止例は除く 954例 )

  主訴 例数 頻度(%)
1 腹痛 146 15.3
2 意識障害 118 12.4
3 呼吸困難感 76 8.0
4 動けない 49 5.1
5 嘔気・嘔吐 45 4.7
6 めまい 42 4.4
7 腰痛 40 4.2
8 気分不良 34 3.6
9 胸痛 33 3.5
10 脱力 30 3.1
11 倦怠感 29 3.0
12 ふらつき 24 2.5
13 発熱 20 2.1
14 動悸 17 1.8
15 下痢 16 1.7
16 過換気 15 1.6
16 下血・黒色便 15 1.6
18 下肢痛 14 1.5
19 吐血 13 1.4
20 けいれん 10 1.0
20 悪寒 10 1.0

救急科入院患者の主な内因性疾患(例)

脱水・腎前性腎不全 16
重症感染症 30
 尿路感染症 14
 肺炎 10
 椎体炎 2
 その他感染症 4
インフルエンザ 3
電解質異常 10
 低ナトリウム血症 6
 低カリウム血症 3
 高ナトリウム血症 1
めまい 6
心肺停止蘇生後 5
不安・精神 3
慢性心不全増悪 2
低血糖 2
尿管結石 2
アナフィラキシー 2

救急科入院患者の主な外因性疾患(例)

胸椎・腰椎骨折 19
胸部外傷+α 6
四肢・骨盤骨折 5
肝損傷 2
腎損傷 2
尿路損傷 1
喉頭損傷 1
頚部切創 1
多部位損傷・皮下血腫 6
熱中症 7
低体温症 2
中毒 15
 薬物 11
 一酸化炭素 1
 有機リン 1
 シンナー 1
 化学物質 1
溺水 2
窒息 2
マムシ咬傷 2
蜂刺傷 1

スタッフ紹介

切田 学(きりた まなぶ)

役職 院長補佐
(兼)救急科 主任科部長
専門分野 外傷一般
救急一般
災害医療
代謝・栄養
学会専門医・認定医 日本救急医学会救急科専門医・指導医・評議員
日本集中治療医学会集中治療専門医・評議員
日本外傷学会外傷専門医・評議員
日本臨床救急医学会評議員
日本腹部救急医学会評議員
日本外科代謝栄養学会評議員
日本蘇生学会評議員
日本集団災害医学会評議員
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

地域医療機関の先生方へ

救急科は重症、軽症にかかわらず、内因性疾患、外傷、マムシ咬傷、急性薬物中毒、熱中症など、ありとあらゆる救急疾患の診療に当たっています。緊急を要する、重症あるいは重症化しそうな患者さんを診察されたなら、平日昼間帯は救急科も受入れますので、地域連携か直接救急科医師までご連絡ください。疾患、病状によっては専門医と協力して診療に当たります。


外来担当表・休診/代診表