ホーム  >  診療科・部門一覧  >  整形外科

整形外科


診療科の特徴

 整形外科は、2016年7月1日の加古川中央市民病院開院に伴い、スタッフ6人と整形外科専攻後期研修医1人の計7人で東播磨地域の基幹病院として整形外科診療を行っております。
 当科の特徴としては、変形性関節症をはじめとする関節疾患に力を入れていることが挙げられます。当科では、『関節センター』を開設し、関節疾患の専門的治療をより充実させるように努めています。様々な関節疾患に対してMRIやCTをはじめとした各種画像を用いた正確な診断、投薬や筋力訓練等の保存的治療の指導、そして最先端の手術的治療を行っています。特に、人工関節手術ではナビゲーションシステムを導入する事により、安全で確実な手術を心がけています。一方、人工関節手術が適応にならない若年者に対しては、骨切り術や関節鏡手術などの骨温存手術を積極的に行っています。このように、個々の患者さんにとってより良い治療法を、患者さんと相談しながら行うように心がけています。
 関節疾患以外にも、これまで通り外傷疾患やスポーツ障害などの治療をはじめ整形外科疾患一般を幅広く対応するように心がけています。
 手術に際しては、整形外科的な問題だけではなく、循環器、呼吸器、消化器に重大な合併症がある方、癌などの悪性疾患を治療中の方、認知症のある方など、他科の医師や理学、作業、言語療法士および管理栄養士などのスタッフと総合的に連携しての治療を要する場面が多くなっています。このような状況にも当科はしっかりと対応していきたいと思います。
 現在当科では、毎日外来診療をおこなっておりますが、手術日である火、木曜日のみ、初診の方のみに限定させていただいております。その他、関節センターの初診外来を月曜の午前に設けましたので、地域医療連携室を通してご予約いただければ幸いです。
 今後とも地域の医療機関の皆様のお役に立てるように精進して参ります。宜しくお願いいたします。


診療可能疾患

関節疾患
 変形性関節症、大腿骨頭壊死症、関節リウマチなど
外傷疾患
 骨折、脱臼、靭帯損傷など
足部障害
 外反母趾、扁平足など
脊椎疾患
 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など
スポーツ障害
骨粗鬆症

診療実績

  2016年
人工関節置換術(股) 73
人工関節置換術(膝) 39
人工関節再置換術(股) 8
人工骨頭挿入術(股) 41
人工関節手術(その他) 7
骨切り術 7
骨折観血的手術(上肢) 96
骨折観血的手術(下肢) 130
上肢・手の手術(骨折以外) 51
下肢関節手術(関節鏡など) 34
腫瘍手術 16
抜釘術 68
その他 11
581

スタッフ紹介

西山 隆之(にしやま たかゆき)

役職 診療部 副部長
(兼)整形外科 主任科部長
専門分野 股関節外科
人工関節
足の外科
学会専門医・認定医 日本整形外科学会整形外科専門医・指導医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本股関節学会評議員
日本足の外科学会評議員
中部日本整形外科災害外科学会評議員
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学医学部臨床教授
医学博士

織邊 隆(おりべ たかし)

役職 整形外科 科部長
(兼)リハビリテーション科 主任科部長
専門分野  
学会専門医・認定医 日本整形外科学会整形外科専門医・指導医
日本整形外科学会認定リウマチ医
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学医学部臨床准教授

齋藤 寧彦(さいとう やすひこ)

役職 整形外科 科部長
(兼)リハビリテーション科 科部長
専門分野 整形外科一般
学会専門医・認定医 日本整形外科学会整形外科専門医・指導医
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学医学部臨床講師

熊谷 宏(くまがい ひろし)

役職 整形外科 科部長
専門分野  
学会専門医・認定医 日本整形外科学会整形外科専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医

岩佐 賢二郎(いわさ けんじろう)

役職 整形外科 医長
専門分野 整形外科一般、股関節外科
学会専門医・認定医 日本整形外科学会整形外科専門医
医学博士

奥町 悦子(おくまち えつこ)

役職 整形外科 医長
専門分野 整形外科
外傷
学会専門医・認定医 日本整形外科学会整形外科専門医
医学博士

木嶋 雄介(きじま ゆうすけ)

役職 整形外科 医長
専門分野 整形外科一般
学会専門医・認定医 日本整形外科学会整形外科専門医

工藤 健史(くどう けんじ)

役職 整形外科 医長
専門分野 整形外科一般
学会専門医・認定医  

外来担当表・休診/代診表

外来診療日程につきましては、下記をご参照ください。

診察室番号
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
10-3 西山
(関節センター初診)
  奥町
(初診)
  織邊
(初診)
  木嶋
(初診)
  斎藤
(初診)
 
10-4 斎藤 工藤
(初診)
  西山 岩佐
(初診)
  織邊
10-5 熊谷
(初診)
    熊谷   奥町
10-6 木嶋   岩佐 工藤     

地域医療機関の先生方へ

整形外科は、新病院開院に伴い、スタッフ6名と後期研修医1名の計7名で東播磨地域の基幹病院として整形外科診療を行っております。
 外傷疾患やスポーツ障害などの治療をはじめ、整形外科疾患一般を幅広く、積極的に対応するように心がけています。
当科の特徴としては、関節疾患に力を入れており、特に新病院では『関節センター』を開設し、関節疾患の専門的治療をより充実させるように努めています。人工関節手術ではナビゲーションシステムを導入する事により、安全で確実な手術を心がけています。一方、人工関節手術が適応にならない若年者に対しては、骨切り術や関節鏡手術などの骨温存手術を積極的に行っています。このように、個々の患者さんにとってより良い治療法を、患者さんと相談しながら行うように心がけています。
 今後とも地域の医療機関の皆様のお役に立てるように精進して参ります。宜しくお願いいたします。


関節センター

 2015年4月に加古川東市民病院において『股関節センター』を開設しました。同センターでは、関連部署が綿密に連携し、股関節疾患を中心に最先端の治療をおこなってきました。対象疾患としては、変形性股関節症、寛骨臼形成不全、大腿骨頭壊死症、関節リウマチ、急速破壊型股関節症、人工股関節のゆるみや感染、大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)や股関節唇損傷、などの様々な股関節疾患です。これらの疾患に対して、最小侵襲手術(MIS)での人工股関節全置換術、人工股関節再置換術、各種骨切り術、股関節鏡手術などを行っております。特に再置換術や骨温存手術を行っている施設は少なく、加古川市内はもとより、兵庫県内各地域よりご紹介をいただいております。
 この度、新病院開院に伴い、同センターを発展させ、『関節センター』を設立しました。当センターでは、関節疾患の専門的治療をより充実させるように努めています。関節疾患に対しての各種画像を用いた正確な診断、保存的治療の指導、そして最先端の手術的治療を行っています。特に、人工関節手術ではナビゲーションシステムを導入する事により、安全で確実な手術を心がけています。一方、人工関節手術が適応にならない若年者に対しては、骨切り術や関節鏡手術などの骨温存手術を積極的に行っています。
当センターでは、関節外科に熟練した医師と看護スタッフならびにリハビリテーションスタッフが蜜に連携しながら、個々の患者さんにとってより良い治療法を、患者さんと相談しながら行うように心がけています。
また、関節手術は高齢者特有の内科的疾患をもつ患者さんに行う場合が少なくないため、当センターでは高齢者特有の合併症に対し、内科や麻酔科を中心とした他科のスタッフの協力の下、安全に確実な治療を行えるように心がけています。
 最先端の手術と確実なリハビリテーションにより、痛みをとることはもちろんのこと、退院後の生活を楽しく不自由なく過ごすことを目標に治療に携わっております。診断や治療に苦慮する関節疾患の症例がございましたら、是非ご紹介下さい。

手術風景


人工股関節全置換術


寛骨臼回転骨切り術


大腿骨頭回転骨切り術


人工股関節再置換術